お問い合わせ一覧

TOP > お困りごと

お困りごと

お引越・ご入居の開始

賃貸借契約を終えたら、お引越し前の準備!

お引越しの方法は!?

扶桑管理サービス(株)本社、各営業所では「引越し会社」のご紹介を行っております。

<引越し会社のご利用する場合>

先ず引越し会社に見積もり依頼します。
特に春や秋の引越しシーズンは土日祝日が混み合いますので、ご予定が決まり次第、手配を行うことをおすすめします。

<ご自身で引越しを行う場合>

荷物の量を検討し、人手は2~3人を確保します。
レンタカーをご利用される場合には、こちらも早めにお手配して下さい。

荷造り・ご新居レイアウトのご検討

梱包資材(段ボール・緩衝材・ガムテープ等)を用意します。
荷造りは、季節品、趣味等の普段使用しない物から始めます。
新居の間取り図等を参考にしてお部屋のレイアウトも検討して下さい。

ご入居前の事前お手続き(ライフライン他)

転出届

現住所の市区町村役場で転出手続きを行います。
引越し先の新住所を登録する時に使用します。

銀行・郵便の住所変更・郵便物の転送届

変更前に必要な書類をご確認いただき、新居の住民票が必要な場合はまとめて取得されると便利です。
郵便窓口にある「転送届」やインターネットによりお手続き行って頂きますと、1年間旧住所に送られてきた郵便物が新住所へ転送されます。
※詳細な期間やお手続きに関しましては、郵便局へご確認下さい。

電話やインターネットの移転届

ご利用の電話会社へお引越しの旨をご連絡して下さい。
新居に回線を新設される場合には、引き込み工事日の予約を行って下さい。

ガス開栓の予約

新居で指定されているガス会社に開栓の予約をして下さい。
ご連絡先は、重要事項説明書の設備記載欄をご確認頂くか、
弊社管理部(TEL:042-545-0617 営業時間9:00~18:00 水曜日定休)までお問い合わせ下さい。

ガスの開栓時にはご本人様による立合いが必要となりますので、お早めにご予約を行って下さい。
尚、日程は契約開始日以降として下さい。

電気水道ガスの休止手続き

引越し日までに旧居の電気・水道・ガスの休止手続きを各供給先へ連絡して下さい。

引越しの前日~当日の段取りについて

当日の段取りを決めておく・お金のご用意

引越し料金を当日精算する場合は、そのための現金を用意しておきましょう。
又、引越しの当日の段取りをしておきます。
又、残す備品がきちんと揃っているか、確認をして下さい。

引越し当日 旧居でのお忘れ物や貴重品の紛失がないか注意をして下さい

荷物の搬出

引越し会社の車やレンタカー、自家用車はご近所迷惑にならない場所に駐車をして下さい。

旧居の掃除・ゴミの処分

簡単な掃除や片付けができるよう、ぞうきんやごみ袋を用意しておくと便利です。

鍵の受渡し

新居の鍵は、扶桑管理サービス(株)での受け渡しになります。
鍵の「確認書」へのサインが必要となります、印鑑を忘れずにご用意下さい。

引き渡し後、新住所での各種手続きを行って下さい

転入届

市区町村役場で手続きを行います。その際、あらかじめ交付を受けておいた転出証明書と印鑑を持参して下さい。

運転免許証の住所変更

新住所所轄の警察署で手続きを行って下さい。※必要書類等、事前に警察署へご確認をお願いします。

自動車の変更登録

扶桑管理サービス(株)では駐車場の管理者・所有者が発行する「使用許可書」の押印(有料)を行っております。
引越し後に新しい住民票や印鑑登録証明書を入手したら早めに車庫証明の変更を警察署交通課へ行って下さい。

自転車・バイクに「駐輪許可シール」について

新居で利用する自転車やバイクには「駐輪許可シール」をお貼り頂く場合がございます。
シールの貼り付けが必要な物件には、賃貸借契約時に扶桑管理サービス(株)よりお渡しをしております。

金融機関口座の住所変更

お取引銀行の支店窓口に届け出を行います。
通帳及び金融機関届け出印が必要となります。
※金融機関によりご用意頂く物をご確認下さい。

お部屋の状態を確認・チェック用紙のご提出

賃貸借契約書のお手続き時にお渡しをした入居のしおり内、
「室内チェック表」に入居したお部屋の状態をチェックし、FAXまたはご郵送にてご提出をお願い致します。

FAX:042-546-4500

ご入居中のお願い

お家賃の支払い方法について

家賃等のお支払期限は毎月末日までに、翌月分を前払いとなります。
  • 窓口では家賃のお受け取りは出来ません。お振込又は口座振替サービスをご利用下さい。
  • 口座振替のお手続きがお済みの方は、毎月末日までに通帳残高のご確認をお願い致します。
  • 支払いが遅れますと延滞損害金が発生したり、契約が解除となる場合がございますのでご注意下さい。
    尚、お支払いの確認がとれない、連絡がつながらない等の場合には、
    連帯保証人様やご勤務先へご連絡やご請求をさせていただく場合がありますのでご了承を頂きます様、お願い申し上げます。
駐車場のご利用について

駐車場の管理はご自身で行っていただく事となっております。

※駐車場内でのトラブルやの防止についても原則、ご自身にて対応をお願い致します。

※除雪はご自身で行って下さい。
駐車場から路上に出るまでの除雪についても各使用者の皆様でご協力の上、行って下さい。

無断駐車について

無断駐車は厳禁です!ご来客の場合は特にご注意下さい。

安易な無断駐車は、他の出入庫に迷惑が掛かります。
又、大きなトラブルに発展し、損害賠償請求が発生する場合があります。

申し出のない駐車車両や外来車の無断駐車車両は弊社での把握ができませんので、警察へ通報をさせて頂きます。
無断駐車の被害にあわれた場合は、通報がより確実性があります。
無断駐車車両のナンバー、メーカー、車種、色をご連絡下さい。

深夜・早朝の騒音にご注意を

マンション・アパートのなどの共同住宅では、ある程度の生活音として許容していただかなければなりません。
深夜・早朝の入浴や洗濯、掃除、テレビなどの音は「騒音」となりますので十分注意して下さい。

  • 深夜の入浴やトイレの排水、洗濯機の使用、ドアの開閉、階段の利用にはご配慮をお願いします。
  • ステレオ・ラジオ・テレビ等を早朝または深夜に利用する場合は音量しぼるか、ヘッドホンの着用をして下さい。
  • ステレオ・ラジオ・テレビ等の音の出るものは壁から離してご利用をお願いします。
  • イスやテーブルの脚にクッションやゴムキャップをお付けいただけますと階下への音を和らげることができます。
  • 木造建築の場合等、近年では防音が進んでいますが、築年数が経っている場合等は普通の生活音でも響く場合があります。
共用部分について

入居者の皆様の安全の為、防災のルールを厳守下さい。
共同住宅では、消防法により定期的に共用部分(廊下・玄関・ホール・階段・ベランダ等)及び居室内の消防設備について
点検を義務づけられる建物がございます。

又、共用部やベランダ非難ハッチの上、粉砕ボードの近くには、物を置かないで下さい。
(事前予告の上、強制処分させていただく場合があります。)

結露・カビの防止、お手入れについて

<結露の防止>

戸外との温度差が大きくなる季節には結露が発生します。
特に気密性の高いマンションにはおこりやすくカビの原因にもなりますので、ご自身でのお手入れを心がけて下さい。

<お手入れについて>

結露が発生した場合は乾いた布で速やかに拭き取る、除湿を心がける等の対策をお願いします。
そのままの状態で放置され傷んでしまった場合には、退去時には補修費用をご負担頂く場合がありますのでご注意下さい。

<カビの防止>

結露の発生する時期や梅雨の時期などは注意が必要です。
押入れや家具の裏・浴室・洗面所などは換気を行い家具も壁から少し離し、押入れも少し開いて風通しを良くしましょう。

ごみの出し方について

① しっかりと分別を行って下さい。

② 決められた日時に 

③ 決められた場所に

ペット・小動物の飼育禁止

ペットの飼育を許可されている物件以外で、
犬・猫など(それに類する動物、爬虫類等)を飼ったり、預かったり一切禁止しています。

ペットの臭いや引っかき傷など衛生管理上の問題が生じ、発見された場合は、高額な補修費をご負担いただくこととなりますので、絶対におやめ下さい。

安全対策

水漏れ事故はすぐご連絡を

上階からの水漏れの原因は、洗濯機ホースと蛇口の接続不良や浴室水栓の止め忘れが大半を占め、ちょこっとした不注意が大きな事故つながります。
こうした場合、発生元の入居者様が修復費用や階下の方への損害賠償を負うことこととなりますので、くれぐれもご注意下さい。

又、水漏れ事故を発見した場合はすぐに当社までご連絡を下さい。
浸水はもとより、漏電などの被害の拡大を最小限に食い止めるためにもご協力をお願い致します。

火の元にはご注意を

就寝時や外出時の火元の確認をはじめ、タバコの消し忘れ、避難器具つけっ放しに注意をして下さい。
暖房器具のつけっ放しに注意して下さい。
また、ガス臭い、ガス漏れの場合は、ただちにガス会社へ連絡して下さい。

盗難にご用心を

近年、ピッキングやサムターン回しなどによる盗難事件が急増しています。
不審者を発見した場合は、弊社又は、警察までご連絡ください。
またご入居中に鍵を紛失した場合は、シリンダーの交換をおすすめします。
ご希望の方は当社までご連絡下さい。

シリンダー交換費用 MIWA:U9型 12,000円~(税別)

<防犯対策のポイント>

  • 在宅中でも必ず施錠し、ドアチェーンを掛ける。
  • 階数に関係なくベランダ窓などにも施錠する。
  • 高額な現金や貴重品は室内に置かない。
  • 預金通帳と印鑑は別々に保管しておく。
  • 見知らぬ来訪者には安易に玄関ドアを開けない。

※当社では契約時に入居者総合安心保険(水漏れ・火災・盗難事故等の損害賠償制度)のご加入をおすすめしています。
2年毎に更新がありますので お忘れなくお手続きください。

入居中の困りごと

故障かな?と思う前に「困ったな」「おかしいぞ」のこんなとき、こんな場合。まずは下記を参考に、調べてみてください。

ブレーカーがよく落ちる

ブレーカーが落ちるのはいくつかの電化製品を同時に使用した時などの電力容量オーバー、もしくは漏電によるものです。

ブレーカーイメージ
アンペアブレーカーが落ちる場合
全体の電力を使いすぎています。
漏電ブレーカーが落ちる場合
回路が漏電している恐れがあります。
安全ブレーカーが落ちる場合
落ちた回路の電力を使い過ぎています。
契約電力容量を上げる場合や漏電ブレーカーが落ちる場合は、
最寄りの電力会社まで連絡して下さい。

テレビの写りが悪い

  • テレビ用端子がきちんと接続されていますか?
  • 近隣者も同じような状況ですか?

以上のことを確認して、取り扱い説明書も読んでみましょう。

エアコンが効かない

エアコンイメージ
エアコンが水漏れする
ドレンホース(室外機から垂れ下がっている蛇腹の細いホース)に入った木の葉などのゴミつまりが主な原因です。
当社、もしくは電気店などに連絡をしてゴミを取り除きましょう。
エアコンが効かない
  • コンセントは差し込まれていますか?
  • 室内機の操作部の電源は入っていますか?
  • 室内機、室外機の吸い込み口や吹き出し口はふさがれていませんか?
    また、フィルターが汚れていませんか?

以上のことを確認して、取り扱い説明書も読んでみましょう。

  • エアコンは落雷やその他の原因から基盤にダメージを受け、電源を入れても作動しない場合があります。
    そうした場合には、エアコン専用ブレーカーまたがメインブレーカーのスイッチを切って再度入れ直してみて下さい。

浴室・洗面・トイレ等のお手入れ

掃除をする場合は、市販の洗浄剤を原液のまま使用しないでください。(用法用量をお守りください)
酸性洗剤や洗浄剤を原液のまま使用しますと、表面のひび割れや破損の原因となります。

  • 換気扇やエアコンなども定期的に必ず掃除をお願いいたします。
    特に台所用換気扇は月に1回は手入れをしないと油汚れが蓄積して動作に支障をきたします。
    (日常の手入れを怠ったことによる故障修理はお客様にご負担いただきます)

排水詰まりにご注意を

排水イメージ

流し台・洗濯機・お風呂の水が流れにくい時には?

  • 流し台・洗濯機・浴室・洗面などの排水口はこまめに掃除してください。
  • 油・ゴミ・ティッシュペーパー・生理用品などは絶対に流さないでください。
  • 排水口にたまった毛髪やゴミはこまめに掃除してください。
    そのままにしておくと、漏水事故につながります。

漏水事故を防ぐために

漏水イメージ

漏水事故の多くは洗濯機の設置方法によるものです。

  • 洗濯機を設置される場合、洗濯機の排水ホースを排水口にきちんと差し込み、排水金物のゴムジョイトにホースをしっかり固定してください。
  • 洗濯機用カラン口と給水ホースは確実に接続し、ご使用前に必ず点検してください。
  • 排水口(トラップ)は糸くずなどがつまりやすく、排水が漏れ出ることがあります。
    定期的に内部を掃除してください。

※ご注意下さい。起きると被害が大きくなるのが漏水事故です。

給湯器のお湯が出ない

給湯イメージ

給湯器のコンセントが差し込んであるか、給湯器下の給水バルブは開いているかを確認してください。
それでも出ない場合は、当社か最寄りのガス会社まで連絡してください。
流し台・お風呂・トイレ・洗面台などで水(お湯)が全く出ない場合は以下のことを確認してください。

  • 部屋全体の元の給水バルブが開いていますか?(閉まっていればどこからも出ません)
  • 各設備の下箱の中などにある給水調整バルブ(ハンドル)が開いていますか?

温水器のお湯が出ない

温水器は深夜電力を使用し、夜中に水を沸かしてタンクに貯めています。
日中に使うお湯はその貯めたものを使い、減った分の水はその毎補給され、また夜中に沸かしています。
よって一日に使用できる量は限られており(通常に生活する分は十分確保さていますが)、
一度に多量のお湯を使い過ぎると、許容量をオーバーしてお湯が急に冷たくなったりすることがあります。
この場合、お湯を使い過ぎていないか確認してください。

蛇口から水が漏れる

水道イメージ
  • 水道元栓を自分の部屋のものか確認した上、完全に閉めます。
    (集合住宅の場合は玄関横のパイプスペース内にあります。)
  • カラーキャップ、ビス、ハンドル、グランドナットの順で外します。
  • スピンドルを外しコマを交換して下さい。
  • 逆の順で締め直して完了です。

ガスが止まったら

赤ランプが点滅していたら次の手順で操作して下さい。

ガスイメージ
  • すべてのガス器具を止め、元栓を閉める。屋外の器具も忘れずに。
  • 復帰ボタンのキャップをはずす。
  • 復帰ボタンを奥までしっかり押さえて、手を離す。
    (ボタンはもとに戻り、赤ランプは再び点滅します。)
  • 約3分待つ。(この間にガス漏れがないか確認しています)
  • 再度ガスメーターを確認して、赤ランプが消えていればガスが使えます。

トイレが詰まったら

水を流さずに、ラバーカップでつまりものを吸い上げてください。

トイレイメージ
  • 便器の排水口いっぱいにラバーカップを押しつける。
  • 勢いよく手前に引いたり、押したりを繰り返す。

トイレの水が止まらない

トイレイメージ

ロータンクの放水レバーを動かしても止まらない場合は以下の原因が考えられます。
それでも止まらない場合は当社か、最寄りの修理会社にご連絡ください。

  • ロータンク内のゴム弁を持ち上げるアームが引っ掛かったり、チェーンがからまったりしていないか。
  • 浮き球の止まる位置がオーバーフロー管より高い位置にないか。浮き玉がどこかに引っ掛かっていないか。
  • ロータンクの中に節水用のペットボトルや異物を入れるとこのような事が起こりやすいので絶対におやめください。

警報機が作動したときは

警報機イメージ

煙を感知すると次のように警報音「ピー、ピー、ピー」と警報灯(赤色)でお知らせします。

  • 火災の時
    火元を確認し、119番へ連絡する、避難するなど適切な処置をしてください。
  • 火災でない時
    火災以外でも、次のような場合、警報をお知らせすることがありますので、次の方法にて警報音を停止してください。
    ・スプレー式殺虫剤や、ヘアスプレーなどが直接かかった時。
    ・たばこの煙を警報器に吹きかけた時。
    ・調理の煙や水蒸気などが警報器にかかった時。
    ・線香や蚊取り線香などの煙を発生させた時。
  • 警告
    警報音が「ピー、ピー、ピー」と鳴った時、電池コネクタを抜かないでください。
    また、コネクタを抜いた警報器は絶対に取り付けないでください。
    火災の発見ができなくなります。

警報音の停止方法

警報停止ボタンを押してください。
警報音が止まります。約5分後に再度警報音が鳴動する場合は、うちわなどで煙流入部に風を送り、煙を検知部から排除してください。
煙流入口に煙が残っている場合は5分後に再び警報音が鳴りますので、換気などを行ってください。
警報音は自動的に止まります。

警報機が故障かな?と思ったら

警報器の症状とその原因、対処について下表に示します。

■ 何も操作していない時に…

症状 原因 対処
火災でないのに「ピー、ピー、ピー」と鳴り、警報灯が点灯。 火災以外の煙(埃、殺虫剤など)を警報器がキャッチしています。 警報停止ボタンを押すか、警報器内の煙がなくなるまでお待ちください。また、火災以外で警報音が多発する場合は、下記連絡先までご連絡下さい。
約1分間隔で「ピ」と鳴り、警報灯が1回点滅。 機器交換の目安(電池寿命)です。 下記連絡先までご連絡下さい。
約1分間隔で「ピピピ」と鳴り、警報灯が3回点滅。 センサの感度が劣化しています。

弊社管理部(TEL:042-545-0617 営業時間 9:00~18:00 水曜日定休)までお問い合わせ下さい。

玄関チャイム(インターホン)が鳴らない

電池式の場合は、電池を取り替えてみてください。
コンセント式の場合は、コンセントの差し込みやブレーカーをチェックしてください。

入居中の小修理について

小修理イメージ

ご入居中の畳表替・襖・障子・網戸等の張替はお客様ご自身でお願いいたします。
通常の生活に支障の無い修理、例えば、消耗品(電球・蛍光灯・電池等)の交換や壁紙(クロス)のめくれ、
扉の建付け調整といった簡単な修理なども同様です。
業者手配が困難な場合は当社にて対応いたしますので、お気軽におたずねください。

上記でも対応できない・対応に困った場合の24時間サポート

24時間サポートイメージ

突発的な賃貸物件のトラブルにも迅速に対応できるように24時間体制で物件を管理しています。

(※弊社業務時間外は提携会社の対応になります)

【お電話でのお問い合わせ】

管理部(入居者さま専用)
TEL:042-545-0617(代)
FAX:042-546-4500
受付時間 9:00~18:00(定休日:水曜日)

【夜間相談窓口】

03-3988-3647
受付時間 18:00~9:00

【メールでのお問い合わせ】

メールは24時間受け付けています